珈琲「さんぽ」

coffee3po.exblog.jp

カテゴリ:海南鶏飯( 1 )

海南鶏飯について

b0176381_187145.jpg


珈琲「さんぽ」の海南鶏飯 1000円


「海南鶏飯」は
「ハイナンチキンライス」
「ハイナンケイハン」
「ハイナンヂィーファン」・・などと呼びます。

その昔、中国の海南島の人たちがマレーシアに移り住んで考え出した料理だと言われています。
(海南島ではこのお料理はポピュラーではないとききます)
現在マレーシアやシンガポールでとても人気のあるローカル屋台フードです。
こんなかんじの屋台でたべられます。

b0176381_174011100.jpg


b0176381_17403117.jpg


やわらかい茹で鶏に、その鶏をゆでた濃厚なスープ、そしてスープで炊いた香ばしいご飯がセットです。
これに香菜(パクチー)をのせて、チリソースと生姜醤油をかけ、まぜまぜして召し上がっていただきます。

現地の屋台だと、こんな感じでプラスティックのお皿で気軽にたべられます。

b0176381_17552343.jpg


b0176381_17584524.jpg



店主妻は、マレーシア人である母の影響で、小さいころから海南鶏飯の大ファンなのです。
マレーシアにあるおばの家や近所の屋台の厨房などで、作り方を教えていただきました。
(市場でおおきな鶏をまるまる一羽ぶら下げて帰ってきて、中華包丁一丁でさばくというワイルドな修行でしたが、ここ日本ではそんなことはしておりません。)

日本の歴史ある明日香村で、海南鶏飯をだす店というのはちょっと異色かな?とは思ったのですが、これが意外とご好評いただいております。

異国のお料理ですが、鶏がやわらかく、ごはんもタイ米ではなく日本米(奈良県産のヒノヒカリ)をつかっているので、お年寄りからちいさなお子様(もちろんチリソースは抜きで)まで親しんでいただけるようです。

お野菜がたっぷりはいったスープと、杏仁豆腐もつきます。

スープは冷めると固まってかたいゼリーになってしまうくらい、旨みとコラーゲンが豊富です。ごはんもそのスープで炊いています。

トッピングの香菜(パクチー)が、とても特色のある香りなので好き嫌いが多いかと心配していましたが、苦手な方はお皿の隅によけて召し上がっていただいているので特に問題はなさそうです。
香菜がだーいすき!という方はおっしゃってください。増量いたします。


日本では、まだちらほらとしかない海南鶏飯をお出しするお店です。
ぜひぜひ食べにいらしてください。

食後には自家焙煎珈琲もどうぞ。
[PR]
by coffeesanpo | 2011-05-26 18:14 | 海南鶏飯